カートをみる マイページへ ご注文方法 お問い合せ サイトマップ
RSS

◆ハーバルライフ

「ハーバルライフ」

それは「ハーブのある豊かな暮らし」を意味します。

ハーブに関心を持って学んでゆくと、私たちの日常生活を成り立たせているものの多くが、植物、つまりハーブに由来していることがわかってきます。

本来、衣食住はハーブを基本として成り立っていました。

植物の繊維で生地を織り、植物由来の染料で染色しました。
穀物や野菜、果物を食べ、特に薬効を持つ植物で病気を癒しました。
そして、それらを利用したあとは自然へ戻したのです。


しかし、現在の私たちは合成繊維に合成染料で染色した衣服をまとい、化学肥料と農薬で育った野菜を食べ、ハーブの有効成分を手本として合成した新薬で病気を抑えます。
その中には、自然を犠牲にして作られ、そして自然に戻りにくいものもあります。


私たちはハーブによって生かされてきた「命あるいきもの」であるにもかかわらず、ハーブへの感謝を忘れ、ハーブそのものを文化から捨て去ろうとしていたのかもしれません。


心身の健康、社会問題、環境問題などが叫ばれている今、「本来の人間らしさ」「自分らしさ」を取り戻すための方法の1つとして「ハーバルライフ」が注目されています。


それは、ハーブそのものが癒しの要素を持っているからです。
ハーブを適切に用いることで、私たちの生活に自然のサイクルを取り戻され、どこにいても自然と共鳴できる心身が取り戻せます。


「自然の恩恵を受けて感謝する」


ごく当たり前のことのようですが、本当に心の底から感謝出来たならば、これ以上の喜びと幸せはないでしょう。

ところで、私たちの体は一定のリズムを持っています。

呼吸数や脈拍の周期に始まり、毛が生え始めて抜け落ちるまでの周期、1つの細胞が分裂して成長し崩壊するまでの周期、そして女性に特有の生理の周期など、おおよそ私たちの体はある秩序に基づいて代謝しています。

私たち生命は、この「秩序」によって維持されていると言っても過言ではありません。


それでは、私たちの命を支えているこの重大な秩序は、どのようにして決められたのでしょうか?


それは長い進化の過程で獲得してきたものなのです。
厳しい外部環境の変化に適応し、それらの秩序を取り込んで、よりよい状態に変化してきました。
つまり、私たちの祖先はよりよく生き延び、そしてより快適に生活するために、長い期間をかけて自然のリズムを巧みに取り入れてきたのです。

このように私たちの体は、私たちを取り巻く環境や自然、そして大宇宙のリズムと共鳴する関係にあるのです。

「生活の質(Quality of Life)の向上」という提案がなされてから久しくなります。

生活の質を向上することとは、単に便利さや快適さを追求するだけではなく、自分自身の生きがいを見出し、本当の豊かさを実感することです。

それは、決して外から与えられるものではありません。自分自身の内に見出すものです。

そもそも、Lifeを「生活」と訳すのではなく、「いのち」と訳した方がよいかもしれません。


では、生きがい(Life)は何でしょう?
そして本当の豊かさが実感できるものは何でしょう?


「生きがい」とは、人それぞれが持って生まれた個性を開花させること、そして、それを通して周囲と関わることといえます。
「本当の豊かさ」とは、「自然と調和した生き方をすること」であり、「自然から永続的に恩恵を頂くこと」といえます。

ハーブを「調和」のシンボルとして掲げる「ハーバルライフ」は、私たち一人ひとりが望む本当の豊かさに至るための、とても自然な、そして最良の手段です。

他ならぬハーブに少しでも関心を持たれた、その心を是非とも大切にしていただきたいと思います。

その心には「調和」を求める意志が強く働いています。

そして、ハーブと共に生活を送ることで、ハーブからそして大自然からのメッセージを受け取ることができるでしょう。


◆ハーブを通じて大宇宙、大自然の営みに感謝し、永久にその恵みを享けられますように・・・・・・